スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旅行第1弾~フィレンツェ編~

ミラノから電車に揺られて2時間45分。
私たちが降り立ったのはフィレンツェですチッチキチー

もう到着した時は暗くなっていたので、
ほとんど何も見えませんでしたが
ホテルに行く途中にあったドゥオモはやっぱり圧巻
フィレンツェは割と小さな街なので、
歩いて移動できます
交通機関の切符とか買わなくてもOKです
私たちもちょっとだけしか迷わず、
徒歩でホテルにたどり着きました

この日の夜ごはんは「海の幸のパスタ」

海の幸のパスタ

ムール貝、激ウマです
ドイツやオーストリアでは、
なかなか味わえない海の幸なので、
大感激な私だったのでした

翌朝。また快晴
っていうか、朝ごはんのウェイターさんが、
めっちゃイケメンで、
朝から幸せ気分な私・・・爆

まーまーとりあえずドゥオモでしょ~
ということで、またもや始まりはドゥオモ
ミラノとはまた違って、どしっとした感じです。

ドゥオモ in フィレンツェ

辻仁成&江國香織「冷静と情熱の間」の舞台にもなった場所だそうです
前に読んだんですけど、ほとんど内容を忘れている私・・ダメジャン
でも、フォレンツェで再会の約束なんてろまんちっく・・
本当にかわいらしい街です。好きな街のひとつになりました
理由があって、ドゥオモにはあえて登らなかったので、
屋上がどうなっていたのかは、謎です

それからとある場所目指して、とにかく歩く私たち
途中にはポンテ・ヴェッキオがあります。

ヴェッキオ橋


ヴェキオ橋は、プッチーニのオペラ、
『ジャンニ・スキッキ』で歌われる有名アリア、
「私のお父様」の中に出てきます。
結婚を許してくださらないなら、
ヴェッキオ橋から身を投げます!
と・・・こんな濁った川に・・・?ボソッ
このオペラの中のカップルは、
ヴェッキオ橋の銀細工屋さんで指環を買います
本当に高そうなアクセサリー屋さんの老舗が立ち並んでます
カップルで旅行される際は是非

ヴェッキオ橋を渡って、なおも歩き続ける私たち
趣のある狭くて急な坂道を登って、
ガリレオ・ガリレイだったかな?の家を通り過ぎ、
たどり着いたのは、ベルヴェデーレ要塞ですチッチキチー
何だか不思議な雰囲気のある場所でした。
ここからの眺めは最高で、ドゥオモもばっちりです

ベルヴェデーレ要塞から

これが見たかったので、ドゥオモには登らなかったのですヘッヘッヘ

お昼ごはんは、主要駅近くにある、
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会前の、
ファースト・フード・ピザ屋さんで、食べてみました
こんなのもまたおいしかったりです

ピザ

ちなみにサンタ・マリア・ノヴェッラ教会は、工事中でした・・・ガボン

それから、近くの露店でころがせるリュックなるものを、
14.5ユーロで買ってみました
めちゃめちゃ嬉しかったので、自慢です
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の近くには、
ちょちょっと露店が出てます。
掘り出し物があるやもしれませんキラーン

ちょっと日も暮れた頃に行ってみたのが、
ウフィッツィ美術館です。
レオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」、
ボッティチェリの「春」や「ヴィーナスの誕生」
のような名画の他に、
宗教画がたくさんありました
1日いても飽きなそうな感じです
美術館は好きだなー

この日の晩ごはんは、「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」
牛肉の骨つきステーキです。

ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ

めっちゃ高価でした贅沢にいってみました
2人で食べたのに、2人ともいっぱいいっぱいで、
完食するのに苦労しましたごちそうさまでした
かなりレアに焼いてあって、ソースも激ウマです
お肉はこうでなくては~

翌朝もまたまた快晴
友達は自称・雨女私の圧勝ですフッフーン

この日は、まず、サン・マルコ修道院へ

サン・マルコ修道院

ここは美術館になっていて、たくさんの宗教画があります。
しかも壁画ばっかり
見どころは、フラ・アンジェリコの「受胎告知」です。
っていうか、キリストの受難の場面、
しかも、めっちゃ血噴いてる絵が多くて、びっくりでした。
確かに、静かに描かれてる絵や彫刻が多いけど、
本当はもっと激しい場面なんだよなーと改めて痛感です。
キリスト、痛々しい・・・・

それから、メディチ家礼拝堂へ
中が結構工事中で残念な感じだったのですが、
メディチ家の権力を髣髴とさせる、
どっしりした場所でした。

その後、中央市場へ行き、
よくわからんパスタを食べました

謎パスタ

何が入っていたのか、未だ謎です
中央市場周辺には、かなり露店が立ち並んでいて、
「コンニチワー」「カワイイー」(←ポイント)
「チョットマッテチョットマッテ」「ナカタナカタ」
と、あらゆる店員がおかしな日本語で話しかけてきます。
おもしろいです

そして、ジェラート片手に、
後ろ髪をひかれつつ、
またまた電車で次の街へと移動する私たちなのでした

ツヅク・・・

  1. 2008/03/05(水) 18:04:31|
  2. sayuの旅行記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅行第1弾~ミラノ編~ | ホーム | 旅行第1弾~ローマ編~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sopranosayu.blog48.fc2.com/tb.php/105-2cbc1d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。